社員独立支援

1.でんがな社員独立制度

直営店で社員として勤務し、将来的にスキルと資金と気持ちの準備が整った時点で独立する制度です。独立の際にはさまざまなバックアップを受けることも可能です。

OWNER'S VOICE 2 でんがな浅草店・田町店オーナー 池上 純さん

制度だけでなく、さまざまなサポートも

自分は元々、建築業だったんですが、実家がパン屋で、昔から漠然とお客様商売は好きでした。1998年にフォーシーズさんに入って、しばらく店長をやっていました。でんがなについていろいろ話を聞かせてもらうと、採算的にも良さそうだし、独立制度もできるということだったので、独立させてもらえないかという話をしたわけです。
フォーシーズさんはみんなすごく面倒見がいいんですよ。フランチャイズ費用の割引をしてくれるという制度的なメリットだけではなくて、独立費用を借りれるか不安だったんですが、当時の部長さんがすごくバックアップしてくれましたし、探していた浅草に物件が出たあと、予行演習として新橋店の立ち上げを経験させてもらったりと、いろんな面で助けてもらいました。独立するときの筆記試験は結構大変でしたけど、無事に社員独立第一号になることができました。

地元に馴染むことが大切です!

2010年10月に浅草店をオープンして、最初の数ヶ月は順調だったんですが、翌年に震災があって、そのあとはほんとにしんどかったですね。地元に馴染むことが大切だと思っていたので、近所のお店をすべて回りましたよ。「なんで浅草に大阪名物なの?」なんて言われたりもしましたけど、こっちが行けば向こうも来てくれます。来てくれれば、いい店だからと馴染みのお客さんを連れてきてくれるようにもなって、だんだん浅草に馴染んでいきました。2012年にスカイツリーができて観光客が増えたので、そのあたりからやっと落ち着いてきました。悪いこともあれば、いいこともありましたね。
次の目標としては、もう1軒でんがなを作りたいですね。でんがなは利益的にとてもバランスが取れているので、フランチャイズとしてはすごくいいと思います。
独立して店を出すなら、自分が馴染んでいる場所で物件を探した方がいいですよ。逆に言えば、そうじゃないところだったら地元に馴染まないとダメです。

池上 純さん
WNER'S VOICE 3 でんがな西荻窪店オーナー 江川 聡さん

物件は自分で納得いくまで見て回りました

僕は24歳くらいの頃からずーっと独立願望があって、その頃働いていたカラオケ業界では個人で独立することは資金的に不可能だったので、飲食で独立しようと思い、右も左も分からない状態で飲食業界に飛び込みました。フォーシーズさんには2011年に入社して、「鐵一」元住吉店で半年、その後「でんがな」祖師ケ谷大蔵店で半年、勉強させてもらいました。1年でふたつの業態を学べたのは非常に良かったですね。その後1年間、店長研修としてその2店を任されてマネージメントを学び、入社後ちょうど2年で独立することができました。フォーシーズさんで、給料いただきながらいろいろ教わり、独立できるようにしていただいたのがすごくありがたかったです。
社員から独立する場合、フランチャイズの開業資金の面でメリットがありますし、独立時には独立支援金もいただくことができました。物件探しでも会社からサポートいただいたんですが、自分で休みの日を使って中央線では高円寺・阿佐ヶ谷・西荻窪、京王線の笹塚・幡ヶ谷・仙川・千歳烏山、小田急線だと千歳船橋・経堂・豪徳寺・梅が丘などの物件を納得いくまで見て回りました。
西荻窪に決めたポイントは、まず駅から近いということ、物件取得が自分の自己資金で賄える範囲であったこと、串かつ屋がないことなどです。昼・夕方・夜と何回も西荻窪に来て、見て、周りの店は夜だいたい11時半に閉まってしまうことが分かったので、うちは深夜営業することにしました。すると、やはり深夜にお客さんが来てくれるようになりました。

でんがなは、味にこだわりあり!

「でんがな」のいいところは味ですね。大阪名物の串かつを売りにしているところはほかにもありますが、たぶん両方食べ比べれば「でんがな」にしようと思うはずです。ソース、衣、油にこだわってますし、どて焼の味噌にもこだわっています。うちの関西出身のアルバイトスタッフも「でんがな」は大阪と比べても美味しいと言います。
独立後、会社を作りました。税制面でも有利ですし、今後2店目、3店目を出す際にも資金の借入などでメリットがあると考えたからです。まずは西荻窪店を安定させて、それから次を目指します!

江川 聡さん
  • でんがな社員独立制度
  • インターン制度+成果達成時補助金制度
  • (株)フォーシーズ社員「でんがな」社員オーナー制度
このページのTOPへ戻る